就業規則作成のポイント

会社のルールブックである就業規則を作成する際のポイントを解説

前へ
次へ

就業規則の重要性が今注目されています

「ブラック企業」、「パワハラ」、「働き方改革」など、企業での就業にまつわるトラブルや雇用形態の多様化などが連日のようにテレビや新聞を賑わせています。
企業に勤める際には就業規則に則って労働し、また報酬が支払われます。企業にとっての基本指針ともいえる就業規則ですが、入社した時に説明を受け、目を通したくらいで、 その後、気にしたことはあるでしょうか・・・?せっかくですので、ここで今一度、会社の就業規則を見直してみてください。
有名企業や大企業であれば、定期的に就業規則を見直して、その時代に合うように規則を変更したり、追加していると思いますが、中小企業や個人経営の会社などでは、 おそらく創業以降、就業規則を見直したことがないというケースがほとんどなのではないでしょうか。 昭和から平成に変わり、その平成も30年が過ぎて、終わりを迎えようとしています。その間に、企業の在り方や働き方も随分と変わりました。 就業規則の見直しをしていなければ、とても時代に合った規則とは言えないでしょう。 また経営者側と労働者側の意見や考え方の食い違いがあった時に、その基本指針となるべき就業規則が古ければ、円満な解決には結び付けられず、冒頭の雇用トラブルへと つながってしまうのです。
就業規則を作成する、見直す、というのは簡単な作業ではありません。専門家のサポートを受けながら行うのが賢明ですが、自分でもある程度の知識は持っているべきです。 このサイトでは就業規則作成のポイントをわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

就業規則とは

まずは就業規則とは何なのか、基本の「き」の字から学びましょう。 就業規則は会社の基本的なルールをまとめた、いわばルールブック。就業規則の定めに基づいて従業員は勤務し、雇用主側は賃金や休暇を付与します。 就業規則は常に10名以上の従業員を雇用する会社では作成して労働基準監督署に提出することが義務付けられています。

詳しくはこちら

望ましい就業規則とは

作成義務があるから修行規則をとりあえず作りました、というスタンスでは、重要な項目が抜けていたり、曖昧な表現で分かりにくかったりして、 後々トラブルに発展しかねません。そもそも就業規則には絶対的必要記載事項と呼ばれる、必ず記載しなければならない項目がいくつかあります。 この絶対的必要記載事項が全て記載されていない場合は、労働基準監督署に提出しても、当然ながら受理されることはありません。

詳しくはこちら

就業規則を作成するポイント

実際に就業規則を作成するにあたって、おさえておきたいポイントをまとめました。 まったく真っ新な状態から作成するのは素人にとっては難しいもの。厚生労働省のホームページで紹介されている「モデル就業規則」のWord版を利用すると とても便利です。絶対的必要記載事項も漏らさず作成できます。専門家である社会保険労務士に相談して作成するのも間違いが無くていいと思います。

詳しくはこちら

就業規則が及ぼす影響

就業規則を作成することによる会社へのメリット・デメリットについて解説していきます。 就業規則を作ることで、組織内のルールが定まり、余計なトラブルを避けることができます。就業規則を社員に周知させれば企業としての姿勢も伝わり、 従業員が安心して働くことができるので、仕事の効率UPも望めます。離職率の低下も期待できます。

詳しくはこちら

ページのトップへ戻る